ドイツへ帰って来たときから史劇

???????????????????????????????

親愛友達の皆様、
私がドイツへ帰ったときからほとんど連絡せずに春学期が過ぎてしまってすみません。その間私が日本にいる友人を思わない日はなくて、毎日皆様が元気に過ごされていることを願っていました。

終に帰国してからこちらでの生活がどうだったか語る機会が今までありませんでした。やっとこの手紙で私のことについて伝えられて嬉しいです。

ドイツにもやっと夏がやってきました。開いている窓から歩道でタンゴや談笑が聞こえる。今は深夜ですが、この周辺の若い人たちはたびたび夜もサイドウオークに座ってパーテイーをしています。

四月ドイツに着いたとき外気のパーテイーを想像ができなったでしょう。雪はすごく積もって残ったよ。

IMG_3927

冬はなかなか捗らなくて、春はぼくぼくしてテクシで行ってきた。坊間に雪がつもって残ったから人々は怒っていたが私は二番の春に楽しみにしてた。実は五月ばかり桜は咲き始めた。

???????????????????????????????

私はドイツへ帰ったすぐあとに幾つ週は変な状態ですごした。私は異国人のように見覚えないドイツを拝見した。美味しい料理で嬉しかったり、建物の大きい窓や門口について驚いたりした。建家の廊下も部屋もとても広くてたぶん東京では「スペースの無駄遣い」を称えている。

???????????????????????????????

其れでいて、卑近なものもたくさんあって、ひさしぶりするのが楽しかったです。例えば美味しいドイツのりんごは日本で食べられなくて懐かしかったです。

???????????????????????????????

ドイツへ到着したすぐあとに勉強をし始めた。まだアパートを見つけなかくても大学のセミナーに参加した。日本の人口構造の変化について学びながら、ハレに慣らす時間がほとんどなかった。

???????????????????????????????

実は最初に時々幻覚を見た。例えばたまに地震を感じていた。地平線で時々長野県みたいな山岳を見た。または、「東京」を読んだが、実は「Takko」というファッションブランドの名前が書かれていた。

???????????????????????????????

これはハレ大学の日本学の研究所です。立派な建物ではないですか。

???????????????????????????????

ハレは私がいない一年でもちろんあまり変わらなかったが、あちこちカラフルになった。

???????????????????????????????

この写真はヨーロッパの古い家が好きな人のために撮った。町の中心部です。

???????????????????????????????

家族の「アントン」と呼ばれている犬も私と久しぶりして喜びがっていた。アントンはとてもおとなしくて一日中撫でられたがっている。

???????????????????????????????

ハレでは兄の家族住んでいるから、たまに兄の子供たちと遊んでいる。この写真は子供と私が自転車で草地と森にドライブした。残念なことはその楽しい日から男の子の自転車も私の自転車も泥坊された。ハレはつらい町だよ。

???????????????????????????????

短くて良い春後に「梅雨」が始まりました。本当はドイツで梅雨がないけど、今年雨がとても多くて諸々な町が洪水に当てられた。ハレでも洪水があったが私の家族は大丈夫だった。

???????????????????????????????

お父さんは養蜂所を建っています。お父さんの蜂蜜は今国際で有名になりました。

???????????????????????????????

これはお姉さんと一緒神奈川市で買った火袋です。御みやげで親に持ち帰って、親はそのものを何で使えるか全然分からなかった。だから石灯籠は何ヶ月も使われなくて庭で置いてあった。私は二つの石を見つけて、灯籠を立てた。親はこれを見てとても意気が上がっていた。そして今は庭で灯りが玄妙のように光っている。

IMG_4101

???????????????????????????????

ドイツで大学は無料で勉強が楽しいですが、大学はお金が少なくて県に資本されている。それで政府が節約するときは教養や文化などのことが切り詰められている。ハレの大学生も教師もそういう計画を聞いて、すぐ示威行進に行った。

???????????????????????????????

私たちの台所だ。私と一緒5人友達と赤ちゃんがすんでいますよ。

???????????????????????????????

六月お兄さんは結婚した。写真の右側で親です。この結婚は私の皆の兄弟姉妹が会える機会ですばらしかったです。

???????????????????????????????

こういう風に毎週日本へ見舞い状を出している。だれか風船をもらわなかったの?

???????????????????????????????

お姉ちゃんと仲良し。

???????????????????????????????

ハレはもちろん東京より面白くないですが、ハレの周辺ではきれいな自然が多くて良い町だよ。春はどこでも菜の花が咲いている。地平線で見える山は私の古里です。山は人工的で、史伝は真正です。

IMG_4537a

やっとよこになりたかったら好きな場所によこたわることができる。東京でそれができなくて大きい欠点でした。

???????????????????????????????

今の小部屋がとても好きです。洋服箪笥の上に床の間がある。

IMG_4594

たまに私が夢幻の日本の服を変装している。残念ながら帯の結ぶ方がまだ分からないです。せひも一回日本に行かないといけない!

???????????????????????????????

夏らしい時期だ。

???????????????????????????????

このかわいいお花が二人の女の子に作られた花束です。女の子は商店街の道に座ってて、庭の花をたくさん使って花旅を結んでいました。とてもきれいと思う。

???????????????????????????????

私の部屋はどこでも小さい日本のデテールが見つけられる。

IMG_5140

私のことを見たり。。

???????????????????????????????

飾ったり。。

IMG_5146

毎朝あいさつしたりします。

IMG_5147

セミナーがたくさんあったので私が最近終わった春学期をこの席で過ごした。今はレポートが多くて夏も机で過ごそうと思います。しかし、今日親とバルト海へ行くよ。

???????????????????????????????

七月はお母さんが働いている小学校で日本から工芸さんの代表団が小学校を来観してくれた。子供たちは一年中来訪の日に準備していました。子供は日本語で歌を学んだり、演劇を練習しらり、学校の建物を飾ったりしました。私がご来席様のためにプログラムを下手な日本語へ訳解してみた。この日は日本とドイツの交際を祝祭してとても嬉しかったです。

??????????????????????????????? ??????????????????????????????? IMG_5178 ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

私は日本が懐かしいから、布団を注文した。二人のフラット・メイトが布団を受注して布団の大きさでびっくりした。本当は私もびっくりした。実にこの布団は正しくなくて大きすぎているマットだよ。だけど、でかい布団の上によく寝てるよ。

???????????????????????????????

夏だ!花!

???????????????????????????????

桜!晴れてる!

??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

床の間の上で夏の生花

IMG_5393

最近は期末休暇がはじまりました。それで何で忙しくなるか自由に決められる。例えば一日中リラクスすることできるか。。

IMG_5369

冬のために旨い物を備えることもできる。ハレの市立公園で日本の梅に似いている果物を見つけて、姪さんと一緒梅酒を作ってみた。

IMG_5377

それでは… また乾杯をするに!

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden / Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden / Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden / Ändern )

Google+ Foto

Du kommentierst mit Deinem Google+-Konto. Abmelden / Ändern )

Verbinde mit %s